タイトル 展望台 芝山鉄橋を渡るJR大和路快速 市役所前に咲く花
トップページ  >  寺社・寺院案内 > 国分地区

< < カテゴリーNO.1  神 社 寺 院 の ご 案 内 (国分地区) > >



過去に収集した柏原市タウン情報をカテゴリー別に集約して、ご案内します。
国分地区の主な神社寺院をご案内致します。


伯太媛神社 #17【伯太媛(はくたひめ)神社】(円明町)

田辺の春日神社の境内に田辺廃寺跡が有りますがこのあたりは、田辺氏の本拠地でした。
田辺氏の田辺史伯孫(たなべのふひとはくそん)を祭ってあるのが伯太彦神社で、その妻を祭ってあるのが、伯太媛神社であろうと昔の本に書いています。
石川の流れを昔は伯太川、又は博多川といいました。
(参考図書:かしわらの歴史[上])

伯太彦神社 #18【伯太彦(はくたひこ)神社】(玉手町)

玉手山一帯は、昔はつつじが多く、春には花が咲いてたいへん 美しかったので、伯太彦神社のことを「つつじ尾社」とも 読んでいました。
(参考図書:かしわらの歴史[上])

安福寺 #19【安福寺(あんぷくじ)】(玉手町)

本堂は、四間(7.2m)・四面の建物で寛文年間の造営で屋根は低く柱は太く大風や地震に耐える万世不易を期した もので、珂憶建とも言われている。
『参考図書:かしわらの史跡(上)』

割竹形石棺 【割竹形石棺蓋】

この石棺蓋は、香川県国分寺町の鷲の山石で、修羅に乗せられ丸太を コロにして海岸へ運び、イカダに修羅ごと石棺を乗せ、大阪湾から 大和川を登り水路で玉手まで運ばれた。

春日神社 #20【春日神社】(田辺1)

田辺1丁目にある春日神社は、田辺廃寺の寺域内に有ります。   田辺廃寺は、白鳳時代造営の寺で昭和46年大阪府教育委員会によって発掘調査されました。   寺域が廃滅して春日神社だけが寺域に残存するようになった時点において、西向き参道が生まれたものと考えられる。   田辺廃寺に春日神祠が、奉祀されている事実は、藤原氏の氏神である奈良の春日大社の分霊を勧請(かんじょう)している に相違ないということであります。   (参考図書:かしわらの史跡<下>)

国分神社 #21【国分神社】(国分市場1)

祭神は、大国主命、少彦名命、飛鳥大神で、古書等によれば鎌倉時代の建立となっている。



国分寺塔跡 #22【河内国分寺塔跡】(国分東条町)

北方眼下に大和川の清流があり、南には丘陵の樹木が多く、たいへん景色の良いところにありました。
河内国分寺には、七重塔が造立され50メートル以上の高さの立派な塔でした。 現在同寺跡には6個の礎石が残っています。
河内国分寺の塔の規模は、遠江国分寺とほぼ同じ位の大きさでありました。
塔の規模
49尺(寸法は天平尺=30cm)
基壇の高さ1.5m
(参考図書:かしわらの史跡)

片山神社 #23【片山神社】(片山町)

祭神は、八幡大神です。
玉手山丘陵の一番北端に位置する。
建立時期不明





戻  る