タイトル 展望台 芝山鉄橋を渡るJR大和路快速 市役所前に咲く花
トップページ  >  国分エリアタウン情報 > 国分本町−国分市場


< < 国分地区(国分本町・国分市場) > >

国分神社鳥居 【国分神社鳥居】

国分神社の石の鳥居です。




国分神社 【国分神社】

静寂な国分神社です。

爽やかな風が通り過ぎて行きます。



祭神は、大国主命、少彦名命、飛鳥大神です。



松丘山古墳案内 【松丘山古墳案内】

国史跡 松岳山古墳(まつおかやまこふん)
国分神社がある丘陵上には小さい円墳や方墳が10基ほどありました。
そのなかでもっとも高いところにある、ただ一つの前方後円墳が 松岳山古墳です。
古墳は長さ約130m、後円部の直径72m、高さ16m、前方部の 幅32m、高さ6mの大きさがあります。さらに周囲には板状の 石を斜めに積んだ部分がみられ、これを加えると古墳の全長は 約155mになります。
後円部の頂上には、蓋と底に各1枚、側面に4枚の計6枚の石を 組み合わせた大きな石棺があります。蓋石と底石には堅い花崗岩を、 側面の石には柔らかい凝灰岩を使っています。石棺の中をよくみると、 頭や体の部分にあわせて底石を浅く彫り込んでいるのがわかります。
石棺の周りには板状の石が多く落ちています。もともとはこれらの 安山岩を積んで、石棺を納める竪穴式石室がつくられていました。
しかしいつの頃か盗掘の時に壊されたようです。 また、石棺の南北に、 穴のあいた大きな石が立っています。石室の一部のようですが、 これにはどのような役割があったのでしょう。
発掘調査により、石室からは勾玉、管玉、ガラス小玉などの装身具や 銅製の鑵などの副葬品が多くみつかりました。中でも総重量50kgにも およぶ鉄製の武器や農工具類が注目されます。また、 古墳の周囲には円筒埴輪や巨大な楕円形の埴輪が立てられていた
こともわかりました。
石棺の形や出土品などから、松岳山古墳は古墳時代前期の後半頃、 つまり今から1600年くらい前に造られたと考えられます。
1997年3月 柏原市教育委員会の案内板より抜粋



戻  る