タイトル 展望台 芝山鉄橋を渡るJR大和路快速 市役所前に咲く花
トップページ   >  【柏原市データ】柏原の歴史

** 柏 原 の 歴 史 (概要) **

● 原始・古代
堅下・堅上の山麓や山地、玉手山丘陵や国分台地などにかけて、 旧石器時代人がここを狩猟・漁癆の場にしていた。
● 紀元前三世紀から二世紀(弥生時代)
堅下小学校の近くで弥生時代の中期から後期 への土器が出土する。この遺跡の東側が高尾山である。 このほか玉手山丘陵上に弥生遺跡がある。ここから 銅鐸が出土した。
それから高尾山山頂付近の切山の尾根のすぐ下から、珍しい 多鈕細文鏡が発見されている。多鈕細文鏡とは鏡背の鈕、すなわち つまみの数が二つ以上あるものをいう。
この種の鏡は日本でも五面発見されているだけであるし、一番大きく(直径21cm) また文様も鮮明であり出土例も少なく珍しい 又、高尾山には集落の跡がある。ここ高尾山遺跡という。
● 三世紀後半から四世紀(応神・仁徳の時代)
柏原市の古墳には、玉手山古墳群、松岳山古墳群、安堂山古墳群がある。玉手山古墳は、 全山が古墳になっていて大きいものは後山古墳(全長150m)で前方後円墳である。
松岳山古墳群は現在残っているのは松岳山古墳(全長120m)1基だけになった。
最近注目されているのは安堂山古墳群には、前方後円墳に円墳が現存している。
以上の三古墳群は、前期と中期の古墳になる。
● 六世紀から七世紀
古墳文化も変化をする(後期古墳)前方後円墳のような巨大な古墳は姿を消し 横穴式石室といって開口部を持つ石積みの石室が多くなる。
生駒山地(生駒山、高安山、高尾山)の山麓、山の斜面が格好の墓域になっていて 東高野街道(旧170号線)が西の限界になっている。
高井田横穴は平尾山の大和川に面した南西山麓にあって合計200基ぐらいある 線刻壁画を持つものは30基発見されている。玉手山横穴は安福寺山門付近の道路両脇に 34基がある。
又古墳は、大阪府と奈良県の府県境に沿うように作られていて府県境を 越えての古墳は見当たらない。 昔の河内国と大和国の国境線が、現在の府県境の通りになることがいえる。
< 七世紀後半 律令国家の成立 >
地方行政組織は国、郡、里に分けられた。河内国は、河内と和泉を合わせた広大な国であったが 律令国家の成立後に和泉は分離された。柏原市の河内国の郡名には安宿郡、大県郡、志紀郡が ある
< 竜田道 >
柏原は大和川が大和国から河内国へと抜ける所にあって昔から交通の要所とされていた。
水運と陸上交通とがあって昔しから一番古い大和と難波を結ぶ交通路である。陸路は大和の 竜田から山越えで亀の瀬峠を越えて河内に入るこれが竜田道である。
河内国の国分寺は竜田道で大和から河内に入るとすぐに見える高台に立っていた。 現在の国分東条町の東部にあった昭和45年の発掘調査で石の階段など遺存している事が わかった。
聖武天皇は竜田道を通って難波宮へ何回も行幸されたが、河内国大県郡の知識寺で拝した 大仏が印象的であった。当時日本一大きい大仏があった。 知識寺は、堅下地区太平寺の石神社の西方に跡がある。知識寺を合わせて大県郡には、六つの 寺があり、高尾山の山麓ぞいに各寺院の堂塔が壮観に建ち並んでいたそうです。
< 平安時代 >
都が奈良から京都へ遷るに伴い、河内の賑わいも八尾、柏原、藤井寺地域から交野市、枚方市地域へ と移った。
● 13世紀(中世 南北朝)
鎌倉時代の末期、京都の天皇家では皇位継承めぐる争いから幕府の仲介で 交互に天皇に立つ取り決めになるが、皇位一本化のため倒幕が考えられた が実行計画は二度共露顕したため、天皇は京都を逃れて山城の笠置に立て篭もり 畿内の武士を味方し、関東からきた幕府軍との間で戦争が始まった。
約60年間の動乱になる、その時に楠木正成は新政の樹立に大きな役割をした
楠本正成の家は南河内の赤阪あたりの豪族であったのだろう
【戦国時代は省略します。】
● 16世紀(信長、秀吉時代から江戸時代へ)
平和がよみがえり幕藩体制が確立して、農業商工業はめざましい発展 をする。年貢米を大坂・江戸へ出して貨幣にかえることから流通経済、貨幣経済 も全国的に発達した。大量の物資の移動を可能にしたのは海上交通、河川交通である 大和川水系で舟運が始まるのは、平野川である。当時柏原村は大和川の洪水で大きな 被害を受けていた。柏原村を復興するため代官末吉孫左衛門は平野川に 舟を通し物資を輸送、この舟を柏原舟という。
柏原市今町にある三田家の建物は、国の重要文化財に指定されている。
明和3年(1766)の建築で、商人の町屋としてよく残っている。旧奈良街道に面して おり商業のさかんなころの雰囲気を今に伝えている。
< 大和川の付替え >
河内は洪水が多く中世から近世初頭にかけて多発している。元和6年(1620)5月 20日には、柏原村の堤防が切れ、田に砂が入り荒地となった。その後も洪水が 幾度も発生し、被害を出していて大和川の治水の必要は明らかだったが幕府に 訴える事が出来なかった。その後河内郡今米村(東大阪市)の川中九兵衛は、 芝村の乙川三郎兵衛と力を合わせて大和川治水の計画を立てた。その計画は柏原村から まっすぐ新川をつけて直接海へ流すことと旧川は新田を作るという案から なっていたが川中九兵衛は成就しないうちに他界した。
あとは長男の太兵衛、三男の甚兵衛(中家へ養子)が継いで付替えの請願を 行い続けた。請願により幕府も動いて実地調査をする排水の悪さが洪水の原因で あることがわかる。しかし新川にあたる27の村から反対の声が高まった。 新川への付替えに動いた幕府も反対にあい方針がゆらぐ。その間にも 洪水が発生し洪水に苦しむ人々は、幕府に大和川の付替えを強く要望した。 その頃、上方代官の万年長十郎が就任し付替え必要性を理解し、幕府への 訴状を取り次いだ。
長年の努力のかいがあって元禄16年(1703)に 幕府の付替えの命令が下った。(請願をしてから50年が経過した) 付替えの工事は、日夜も進められ約8ケ月という驚異的な短期間で工事が終了した。
大和川の付替えで農業用水の水源を失った中河内の村々は旧川床に井路川用水を 開き、新川から伏樋で水を通すことが許された。柏原村の築留から水をひき 二俣(八尾)で玉串川、長瀬川に分水して流れた。 了意川(平野川)も水源を失ったため新川から伏樋で水を通すことになった。 付替えで旧川床地帯に多くの新田が開発されて柏原村のところは市村新田と呼ばれた。
● 近代、現代
明治維新で幕藩体制を倒した新政府は、中央集権国家の樹立へ進んだ。 その後、各藩を解体し県を設置した。明治元年5月に大阪府が出来、6月に堺県が ができた。明治2年1月には、河内県と攝津県が出来た。河内県は8月に廃止、堺県に併合された。 その後、堺県は明治14年に廃止となり大阪府に合併された。
明治18年(1885)に内閣制度が創設され初代内閣総理大臣に伊藤博文が就任した。この内閣の時に 地方自治制度が導入、明治22年に市制町村制が実施された。当時の町村制での柏原の町名は、
志紀郡柏原村/柏原、市村新田
大県郡堅下村/高井田、安堂、太平寺、大県、平野、法善寺
大県郡堅上村/雁多尾畑、青谷、峠、本堂
安宿部郡国分村/国分
安宿部郡玉手村/片山、玉手、円明
になっていた。明治29年から郡制を実施した。河内では北河内郡、中河内郡、南河内郡の3郡が 発足した。しかし地方行政の簡素化により大正10年郡制は廃止された。
< 河内音頭 >
河内音頭の盆踊りは、幕末から明治初期にかけて始まったと推測される。
< お逮夜市(おたいやいち)>
道端に露店が並ぶ、名前の由来は毎月27日が親鸞聖人の命日の前日がお逮夜にあたること からくる。27日には久宝寺御坊で法要が行われ、参詣客が集まるので、それに合わせて 市が始まった。これがお逮夜の起源だといわれている。
< 夏祭り >
7月中旬から下旬にかけて各地で夏祭りが始まる布団太鼓などが出て勇壮に行われる柏原・国分が 17日、雁多尾畑が25日と祭りは7月中続き、最後は8月1日の恩智祭りになる。
< 鉄道 >
関西地方では明治21年に難波・堺間を結んだ阪堺鉄道が最初で、次に大阪鉄道の湊町・柏原間が 明治22年に開業を始めた。大阪鉄道の立案者は国分村の三浦喜作とい人物であった。 開業当時の駅は、湊町、天王寺、平野、八尾、柏原の5駅だった。 その後、日清、日露戦争後に軍事目的のため明治39年国有化され、関西本線と呼ばれた。
一方柏原駅から南の古市、富田林への鉄道も明治31年に開通した。 河陽鉄道、河南鉄道、大阪鉄道、そして近鉄南大阪線、道明寺線となる。
大正13年に布施、八尾間の大阪電気軌道の開業、柏原、国分へは昭和2年に大和高田延伸時に 開通となる。
< 産業 >
平野村の中野喜平らの、ぶどう栽培への情熱で明治から大正にかけて大きく発展する。現在平地では 住宅が押し寄せてきたので栽培面積も減少している。現在観光ぶどう園が多数ある。
一方、地場産業としては、貝ボタン、貝細工、浴衣、染色、柔道衣などがある。 また柏原製油などの製油会社ができ、現在もその伝統が引き継がれている。 紡績、製油とも大阪鉄道を利用した土地である。
< 市の成立 >
大正4年(1915)4月1日に南河内郡柏原町となる。昭和6年4月1日に南河内郡国分村と玉手村が合併し 国分村になり、その後昭和16年4月1日に国分町になる。柏原町は昭和14年7月1日、東に隣接する 中河内郡堅上村と堅下村との合併をし同時に郡を変更し中河内郡柏原町が成立した。
戦後、昭和31年9月30日に柏原町と国分町が合併して新しい柏原町ができた。その後 昭和33年10月1日に柏原市(初代市長 青木四郎氏)となって現在に至る。

[参考図書:八尾・柏原の歴史(著者:棚橋利光)1990年3月10日]

もっと詳しく知りたい方は、上記の参考図書をご覧下さい。(定価1400円)宮脇書店にあり


戻る