タイトル 展望台 芝山鉄橋を渡るJR大和路快速 市役所前に咲く花
トップページ  >  国分エリアタウン情報 > 玉手橋・国の登録文化財建造物


< <  玉手橋が国の登録文化財建造物に選ばれました。> >

平成13年5月17日、読売新聞より抜粋

国の文化審議会が16日開かれ、柏原、藤井寺市両市に架かる「玉手橋」、太子町の「山本家住宅」、柏原市の「築留(つきどめ)二番樋(ひ)」、阪南市の「成子(なるこ)家住宅」の四か所が、登録文化財建造物に選ばれた。

「玉手橋」

玉手橋は、石川に架かる長さ151メートルのつり橋で、1928年に完成。近畿日本鉄道の前身の一つ「大阪鉄道」が建設した。柏原市側の「玉手山遊園地」(廃園)の導入路として親しまれている。

登録文化財建造物に指定されたのを受け柏原市で記念碑が立てられました。
文化庁からの銘板も組み込まれました。 私達市民の宝であって、後世に残さなければなりません。
私達市民は、この橋を見守る義務があるのです。大事にしましょう。


玉手橋、登録文化財建造物指定記念碑

写真をクリックすると文字部分の拡大写真が別画面で表示されます。

文化庁から頂いた銘板です。(記念碑にはめ込まれています。)
文化庁からの銘板




左から玉手橋も入れて撮影しました。玉手橋と記念碑が誇らしく写っています。
記念碑1


右側から記念碑を撮影しました。青空、石川が綺麗です。
記念碑2