タイトル 展望台 芝山鉄橋を渡るJR大和路快速 市役所前に咲く花
トップページ  >  国分エリアタウン情報 > 玉手橋(登録文化財建造物)


< <  特    集 > >

「玉手橋」と「築留二番樋」が国の登録文化財建造物に選ばれました。

平成13年5月17日、読売新聞より抜粋

国の文化審議会が16日開かれ、柏原、藤井寺市両市に架かる「玉手橋」、太子町の「山本家住宅」、柏原市の「築留(つきどめ)二番樋(ひ)」、阪南市の「成子(なるこ)家住宅」の四か所が、登録文化財建造物に選ばれた。

文化庁の登録文化財指定を記念し玉手橋のたもとに柏原市が記念碑を作りました。 記念碑ページへ

「玉手橋」

玉手橋は、石川に架かる長さ151メートルのつり橋で、1928年に完成。近畿日本鉄道の前身の一つ「大阪鉄道」が建設した。柏原市側の「玉手山遊園地」(廃園)の導入路として親しまれている。


玉手橋(石川)
玉手橋
藤井寺市側より柏原市方向に撮影しました。


玉手橋 【玉手橋】 1

玉手橋の下では、子供達が水遊びを楽しんでいます。
橋は、結構利用されている方が多く、生活に大変重要な橋として位置付けられております。



玉手橋 【玉手橋】 2

玉手町や円明町の方は、近鉄南大阪線道明寺駅への 連絡橋として、通勤通学に玉手橋を利用されています。




玉手橋 【玉手橋】 3

下から覗いてみました。
やはり吊り橋なんだと実感しました。




玉手橋 【玉手橋】 4

玉手橋の柏原側入口です。

レンガタイルで装飾されています。補強の為でもあるようです。
柏原側は、漢字で左側に「玉手橋」右側に「石川」と
名前が埋め込まれています。
藤井寺側は、ひらがなの名前で埋め込まれています。



玉手橋 【玉手橋】 5

ロープと橋をつなぐ接続部分です。
ロープでがっちり支えています。
すこし揺れを感じますが、通行には支障がありません。
橋の部分は、支柱と支柱の間が軽い傾斜になっています。


玉手橋 【玉手橋】 6

藤井寺市側より柏原市方向を望む、やはりつり橋には夢があります。
玉手山遊園地への連絡橋だから、つり橋を選択したのだと思います。
藤井寺市側でも川原に家族連れが遊びに来られています。



玉手橋 【玉手橋】 7

玉手橋のらんかんです。
らんかんの間から石川河川公園「玉手橋であいの岸辺」が見えています。
柏原市、藤井寺市の両岸は、整備され河川公園として生まれ変わっていました。





橋の道路の部分もきれいです。
またペンキの塗り替えなど支柱も含めて
全般的に修復がなされており良い状態でした。

この玉手橋は、柏原市民の「宝」ですし、利用されている方にとっても、大変大事な橋です。
この文化財を後世に残す為、みんなが大事に見守ってゆく必要があると思います。

特集 築留二番樋へ