タイトル 展望台 芝山鉄橋を渡るJR大和路快速 市役所前に咲く花
トップページ  >  登録有形文化財ご紹介

< < 平成17年に追加された国の登録有形文化財をご紹介 > >

堅下ワインフード貯蔵庫、寺田家住宅、天理教北阪分教会の3ヶ所が、平成17年国の登録有形文化財に選定されました。
平成13年に登録された「玉手橋」「築留二番樋」とあわせて柏原市内の登録有形文化財は、5ヶ所になりました。


天理教北阪分教会 【天理教北阪分教会】

昭和13年頃に建造されたもので、鉄製の網で骨組みを作るという特殊な建築構造になっており有形文化財に登録されました。

ドーム部分が、非常に珍しいです。

 ドーム部分のアップ写真が見れます。

場所は、片山町エリアです。

内部見学は出来ません。

屋敷内に付き、許可を頂き撮影致しました。




寺田家住宅 【寺田家住宅】

約240年前に建造されたもので、主屋・蔵などあわせて有形文化財に登録されました。

場所は、今町エリアです。





内部見学は出来ません。






カタシモワインフード 【カタシモワインフード貯蔵庫】

ぶどうの貯蔵庫として大正時代に建造されたもので、1階は鉄筋コンクリート、2階は木造で、1階の床と壁の中に炭が詰められて いて気温や湿度の影響を少なくすることが出来て、ぶどうの価値を高める工夫をされていました。
ワイン製造後は、ワイン貯蔵庫として利用されています。 地場産業の近代化遺産として有形文化財に登録されました。
(柏原市教育委員会案内板より)
場所は、太平寺エリアです。

見学は、平日のみ可能とのことですが、詳細はカタシモワインフード様ホームページでご確認願います。

http://www.kashiwara-wine.com/







戻る